不動産税務に関するコラム

不動産に関わる税金は、非常に複雑で、時として高額な税金が発生することもあります。その反面、高額な税金負担を緩和する措置(特例)もありますので、不動産の「売却」、「取得」、「賃貸」、「贈与」、「交換」を行う場合は、慎重に検討していく必要があります。
当コラムでは、個人の方の不動産に関する税金を、「売却」、「取得」、「賃貸」、「贈与」、「交換」、「保有」の6つのケースに分け、それぞれにおける注意点や各種特例についてご説明致します。
最終更新日:平成30年10月1日

  1. 不動産を売却した場合
  2. 不動産を取得した場合
  3. 不動産を賃貸した場合
  4. 不動産を贈与した場合
  5. 不動産を交換した場合
  6. 不動産の保有している場合

不動産を売却した場合

  1. 不動産の売却に係る税金など
  2. 自宅を売却した場合(売却益)
  3. 自宅を買い換えた場合又は交換した場合(売却益)
  4. 自宅を売却した場合(売却損)
  5. 建物の取得価額が不明な不動産を売却した場合
  6. 相続した不動産を売却した場合
  7. 相続した空き家を売却した場合
  8. 平成21,22年に土地等を取得した方が不動産を売却した場合
  9. 建物と土地の所有者が異なる自宅を売却した場合
  10. 取得価額が不明な土地を売却した場合
  11. 同族法人に建物を売却する際の価額

不動産を取得した場合

  1. 不動産の取得に係る税金など
  2. 住宅ローンを組んで自宅を購入した場合
  3. アパートを建築する際の旧家屋の取り壊し費用等の取扱い
  4. 相続により賃貸用不動産を取得した場合
  5. 建物と土地を一括で取得した場合
  6. 住宅取得等資金の贈与を受けて自宅を取得した場合
  7. 広大な宅地(500㎡以上)を相続した場合
  8. 借りている土地の底地部分を地主から取得する場合

不動産を賃貸した場合

  1. 賃貸併用住宅の取扱い
  2. 同族法人に土地を賃貸した場合…執筆中
  3. 同族法人に賃貸用建物を賃貸(サブリース)した場合…執筆中
  4. 不動産収入のある会社員が海外勤務となった場合

不動産を贈与した場合

  1. 土地・建物を贈与を受けた場合
  2. 不動産を負担付贈与する際の注意点
  3. 配偶者に自宅不動産を贈与した場合
  4. 離婚に伴い自宅を財産分与した場合
  5. 賃貸用不動産を贈与する場合の注意点

不動産を交換した場合

  1. 不動産を交換した場合の特例
  2. 借地権と底地権を交換した場合…執筆中
  3. 親族間で土地を交換した場合…執筆中
  4. 土地と建物を交換(立体買換え)した場合…執筆中

不動産を保有している場合

  1. 不動産の保有に係る税金

お電話でのお問合せ

平日 9:00 ~18:00

事前予約を頂ければ土日対応も可能

042-439-9515

メールでの無料相談

営業時間外のお問い合わせはこちらから

原則当日~翌営業日中にご連絡いたします

メールでの無料相談(24時間受付)